シカバ(グランジェロ フェリス)は、日本に豚肉を持ち込むグアナフアト州の最初の工場となりました。

Imagen 1.png

昨年3月、グランジェロ フェリス社の新たな市場への拡大プロジェクトの一環として、冷凍豚肉の日本への出荷を開始し、豚肉をアジアに輸入するシカバ(グランジェロ フェリスの加工工場)を最初の州工場に移しました。

グアナフアト・ミゲル・マルケス・マルケス州知事は、最初のコンテナ輸送のために数えられました。ジュアン・ホセ・ガルシア博士、ペニャモ市長、古川香代子先生、日本初代総領事、ピエール・サルディバル・オチョア セナシカ代表、このカテゴリーの他の人物の中でも会社の役員とし居ります。

2017年に日本に輸出されたことが証明されて以来、1年間の交渉の末、新しい段階が始まりました。このプロジェクトは、短期間に月に180トンを投入することを目標としています。

グランジェロ フェリスは自信を持って投票するために日本のビジネスパートナーに感謝し、今後数年間、ビジネスアライアンスや友人になるための一歩を踏み出しました。

2017年に日本に輸出されたことが証明されて以来、1年間の交渉の末、新しい段階が始まりました。このプロジェクトは、短期間に月に180トンを投入することを目標としています。

Imagen 2.png

グランジェロ フェリスは自信を持って投票するために日本のビジネスパートナーに感謝し、今後数年間、ビジネスアライアンスや友人になるための一歩を踏み出しました。

Imagen 3.png